米アマゾンが上級会員向けの「Amazon Prime(プライム)」を値上げすることが明らかになりました。現在のところ、値上げは米国のAmazon.comに限定されていますが、日本国内においても「クロネコヤマト」が法人向けに配送料の値上げ交渉を行っていると報じられており、何らかの値上げ措置が行われる可能性も否定できません。

今現在におけるAmazon Primeの価格は年額79ドル(約8000円)。これが4月17日以降の価格改定では年額99ドル(約1万円)になります。なお、ロサンゼルスとサンフランシスコで実施している即日食品配達サービスは299ドル(約3万円)に据え置かれたままです。

amazon-box

今年1月頃には、同社のIR電話会議において送料増加が負担になっているとされており、Primeをめぐる価格改定の動きに注目が集まっていました(TechCrunch)。Amazonの本業(!?*)ともいえるオンラインショッピングをヘビーに利用しているユーザーにとっては若干の痛手となりそうです。

*Amazonはクラウド型サービスEC2やS3で大きなシェアを得ており、Kindle・音楽配信など、事業が多角化している点は見逃せない

日本では年額3900円(税込み)のAmazonプライムですが、価格動向に注目が集まります。

[Apple Insider]