米アップルの健康アプリ「Healthbook」はこんなイメージ…スクリーンショットを元に作製した画像が公開

今年中盤にも発表されるであろう米アップルの次期モバイルOS「iOS 8」。開発中とされる腕時計型端末「iWatch」とともに、”健康” にフォーカスしたシステムが搭載されるという噂があります。

そのうち、iPhoneのアプリとして噂されているのが通称「Healthbook」。今回は、9TO5Macが複数のソースから得た実際のスクリーンショットや情報をもとに、再構成(レンダリング)したとされる同アプリの画像を紹介いたします。

healthbook-book-1-9to5mac

healthbook-cards-9to5mac

healthbook-emergency-9to5mac

念のためもう一度述べておきますが、これは実際のスクリーンショットではなく、9TO5Macがスクリーンショットを元に再構成した画像です。9TO5Macが独自に得た情報が正しいとすれば、現在のプロトタイプはおおよそ上のようなイメージであるといえます。

“book” の名を冠する通り、同じくアップルの「Passbook」に似たUIがとられていることがわかります。その内容としては、心拍数や水和作用、血圧、身体活動、食事、血糖、睡眠等様々な項目が確認できます。ちなみに9TO5Macによれば、”水和作用” を監視する機能は将来的に実装される可能性はあるものの、現在開発中であるとは考えにくいとのこと。

また特徴的なのは、ユーザーが気を失うといった緊急事態において役に立つ「Emergency Card」という機能が存在するということです。予め血液型や体重といった身体の状態を記録しておき、救急時に他者が身体の状態をチェックするという使い方が可能です。

コンセプト画像

iPhone6 コンセプト画像

このように、これまでのアプリにもあったようなフィットネス機能に加えて、健康に関するアップル独自の機能を盛り込んでいることが垣間見えます。

次世代機の主力機能として搭載するからには、アップルとしては出来る限り妥協を許さないサービスをリリースしたいところ。ただ、今のところ健康に関するツールを使うのは関心のある一部のユーザーに留まっており、生活への導入にはやはり少しハードルがあるのが現状です。「Healthbook」がその状況を変え、健康ツールがより気軽に、便利に利用できるようになれば、人類の健康増進に寄与してくれることになるかもしれません。

[9TO5Mac]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます