[追記:日本でも登場へ]速報:米アップル、自動車向けのiOS新機能「CarPlay」を正式発表 ―今週にも対応車を発表へ

米アップルは3日(現地時間)、iOSの自動車向け新機能である「CarPlay」を正式発表した。当初は「iOS in the Car」と呼ばれていたもので、今週にも正式発表があると一部で予測されていた。

アップルのパーソナル・アシスタント「Siri」や自動車のネイティブ・インターフェースにより、様々な機能をiPhoneを通して安全に利用できる。

CarPlay_Honda_Homescreen_PRINT (2)

CarPlayに対応する自動車のハンドルにはボタンが搭載され、そこを押しながら話しかけることで操作に気を取られずに音声コントロール(Siri)ができる。

CarPlayでは、iOSの標準地図によるナビゲーションはもちろんのこと、電話・メールの送受信や音楽を再生することも可能。受信したメールはSiriに読み上げてもらい、音声認識を利用してメッセージを返信することができる。

また音楽再生については、iPhone本体の音楽だけでなく、音楽ストリーミングにも対応。アップル自身が提供している「iTunes Radio」に限らず、それぞれ2000万人以上の会員を抱える「Spotify」や「iHeartRadio」など、サードパーティー製のアプリにも対応する。筆者としてはアップルにしては柔軟ともいえるこの対応に少し驚いている。

CarPlay_Honda_Music_PRINT (2)

アップルは、CarPlayがiOS 7のアップデートによって提供されると発表しており、「iOS 7.1(仮)」の形で登場するものと思われる。対応するiOS端末はiPhone 5s/5c/5。この3機種に限られる理由として、「Lightning」への対応が関係していることが明らかになっている。

自動車の方はこれから対応車が順次発表されていく予定。6日から16日にかけてスイスのジュネーブで行われる世界5大モーターショーの一つ「Salon International de l’Auto(通称ジュネーヴ・モーターショー)」にて、フェラーリ・メルセデスベンツ・ボルボの3社の対応自動車が初めて発表される予定である。

また、その他の自動車メーカーからも続々と対応車が発表される。以下は正式にアナウンスのあった自動車メーカー一覧(順不同)。

来週にも発表

フェラーリ

メルセデスベンツ

ボルボ

順次発表

BMW

フォード

ゼネラルモーターズ

ホンダ

ヒュンダイ

ジャガー

起亜

三菱自動車

日産

プジョー

スバル

スズキ

トヨタ

自動車向けのスマートシステムは、モバイルOSにおける2014年の大きな革新となるだろう。最大のシェアを持つグーグルの「Android」も、自動車メーカーやNVIDIAなどチップメーカーとの提携を発表している。両社の競争によってより良い方向に進化していくことを望むばかりだ。

[Apple]

追記:2014/03/03 17:59 JST

日本法人からも同じ内容のプレスリリース(抄訳)が発表されたが、『※文中にあるコンテンツの情報は、米国における状況です。』との但し書きがなされている。

文脈からは、CarPlayが日本で提供されるかどうかは不明のままだ。単に販売している自動車や音楽ストリーミングサービスに関する部分についての言及であることを願う。

 [Apple(日本)]

追記2:2014/03/03 20:18 JST

iOS 7の機能における、国別の対応状況を記したアップルの公式ページにて、「CarPlay」の欄が追加されたのが確認された。その中には日本(Japan)も掲載されており、国内においても同サービスが提供されることが明らかになった。

[Apple]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます