au版Galaxy S5はWiMax2+対応に ースペックは国際版・ドコモ版とほぼ同様

リーク情報に定評のあるevleaks氏の日本語版「evleaksJP」は11日、サムスンのフラグシップ・スマートフォン「Galaxy S5」の日本における情報を新たに伝えています。

情報によれば、同端末のドコモ版(SC-04F)、au版(SCL23)はともに、主なハードウェアスペックがほとんど国際版と同じであるとのこと。容量は16GBと32GBの二種類。色はそれぞれ5種類で、ブラック・ホワイト・ブラウン・ブルーの4色が共通。それらに加えて、ドコモ版にはスイートピンク、au版にはメタリックゴールドが存在するとしています。

さらに、au版は「WiMax2+」に対応しているとのこと。

galaxy s5

先月24日(現地時間)、MWCの中で満を持して発表されたGalaxy S5。Galaxy Sシリーズ恒例のディスプレイ解像度向上はなされなかったものの、指紋認証機能やカメラ機能の大幅充実など、使い勝手の面で様々な進化を遂げています。また、サムスンのフラグシップモデルとしては初の防水・防塵対応で、日本人にとっても興味をそそられる製品になっています。

さらに、同時発表された腕時計型端末「Samsung Gear 2」やリストバンド型端末「Samsung Gear Fit」との連携で、アクティブな健康管理が行える特徴を備えています。

日本では上述の通りドコモとauから発売される見通しですが、気になるのはWiMax2+に対応するとの情報。2014年の夏モデルでは、WiMax2+対応端末が複数登場されるとも言われていますが、そのうちの一つがGalaxy S5になりそうです。

WiMax2+は国際的に普及が始まっているTD-LTEと互換性があるため、端末への導入がし易いのが特徴的。この事実を考えると、今後のau端末への搭載が標準化する可能性もありそうですが、果たしてどうなるのでしょうか。

なお、国際版Galaxy S5のスペックは以下の通りです。

OS Android 4.4.2 KitKat
ディスプレイ 5.1インチ 1920×1080ドット
FHD Super AMOLED
CPU 2.5GHz クアッドコアプロセッサー
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB/32GB
外部ストレージ micro SDカード
最大64GB
メインカメラ 約1600万画素
HDR
Selective Focus
Virtual Tour Shot
Shot&More
サブカメラ 約200万画素
LTE LTE カテゴリー4
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
Wi-Fi 802.11 a/b/n/ac MIMO(2×2)
Bluetooth 4.0 BLE / ANT+
NFC 対応
IR Remote 対応
USB USB3.0
防水・防塵 IP67に準拠
その他機能 Ultra Power Saving Mode
Download Booster
S Health 3.0
Quick Connect
Private Mode
Kids Mode
センサー 加速度計、ジャイロ、近接センサー、
コンパス、気圧計、磁気センサー、
光センサー、ジェスチャー、指紋センサー、
心拍数センサー
バッテリー 2800mAh
サイズ 142.0(H)×72.5(W)×8.1(T)mm
重さ 145g

[evleaksJP 1/2]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます