米MS、MS-DOSとWord for Windowsのソースコードを公開

米マイクロソフトは25日(現地時間)、同社が1982年にリリースした「MS-DOS 1.1」、同1983年「MS-DOS 2.0」、同1989年「Word for Windows 1.1a」のソースコードをコンピューター歴史博物館に寄贈しました。

さらに、同博物館は寄贈されたソースコードをインターネット上で公開しており、誰でも当時のソースコードを閲覧することが可能です。

ソースコードといえば、ソフトウェア開発企業の根幹を成す大変貴重、かつ、機密性の高いデータですが、このような形で約30年の月日を経て公開される運びとなりました。わずか300KBという少なさが歴史を感じさせますが、それ以上に、Windows 8.1のエクスプローラー上でファイルを表示した際の「更新日時」の項目に興奮せざるを得ません。

win

新産業「コンピューター(半導体)」と言われた頃から30数年余り。もはや、コンピューターに歴史あり、です。

[Microsoft] [コンピューター歴史博物館 ダウンロード]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます