Nexus 6は、LG G3の軽量化バージョンに ―6月に2560×1440ドットで登場か

PhoneArenaは4日(現地時間)、独ギズモード経由の情報として、米グーグルの未発表Androidリファレンス機「Nexus 6」はLGの未発表スマートフォン「LG G3」の軽量化バージョンになると伝えています。

LG G3はこれまでの噂によると、WQHD(2560×1440ドット)ディスプレイや64bit対応プロセッサ、約1600万画素のメインカメラが搭載されるとされており、高いハードウェアスペックが実現する見通しです。

また、同情報源によると、グーグル初のスマートウォッチ(通称:Nexus Watch)もLGが製造するとしており、6月に開催される「Google I/O 2014」の中で、Nexus 6とともに発表される可能性があるとのこと。

非公式コンセプト Credit:nexus6us.com

非公式コンセプト Credit:nexus6us.com

今回の情報は出所が不明瞭であるためその信ぴょう性はなんとも言えないところですが、LGはこれまでNexus 4、Nexus 5の製造を手がけており、これに続けてNexus 6の製造を担当することは想像に難しくありません。

また、スマートウォッチについてもこれまでの情報と一致しており、6月後半での両端末発表は十分に可能性がありそうです。

Androidの標準機であるNexusシリーズですが、やはり「WQHD」「64bit」「高解像度カメラ」を今年のキーワードにするつもりなのでしょうか。これらの特徴は各メーカーの次世代フラグシップ・スマートフォンに必ずといっていいほど噂される内容で、その流れにしたがってNexusも順当に進化するということなのかもしれません。

気になるのはNexusブランド自体の行方ですが、来年にかけてNexusは消え、Google Editionがその代替の役割を果たす可能性が以前伝えられています。LG G3をベースとするNexus 6はその布石となる端末かもしれません。

[Gizmode(ドイツ) via PhoneArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます