Windows Phone 8.1のタイルは透過させられる仕様に ―ホーム画面に「壁紙」を採用か

伊メディアのWindowsBlogItaliaは1日(現地時間)、中国経由の情報として、米マイクロソフトの次期モバイルOS「Windows Phone 8.1(通称)」のスクリーンショットとされる画像を公開しました。

background_image_WP8.1

Credit:WindowsBlogItalia

画像を見れば一目瞭然ですが、複数のタイルのカラーを1枚の画像で選択できるようになっています。また、OSの設定の中からタイル用の画像を選択する項目が発見されたとのこと。現行の仕様では、タイルカラーは20色の中から1つだけ選ぶようになっています。

settings_wp8.1

Credit:WindowsBlogItalia

PC向けの最新OSである「Windows 8.1」では、スタートメニューの背景をデスクトップと同じ画像にできるようになりました。今回のWindows Phoneにおける新機能は、これと似たような思想を感じます。非常に平面的で、好む人がいる一方、狭苦しいイメージを抱く人もいるこれまでのタイルUI。今回の変更は、フラットデザインの良さを継承しつつ、開放感を持たせるよう進化させたものと言えそうです。

スクリーンショット (74)

参考:「Windows 8.1」のスタートメニュー。

Windows Phone 8.1はまだ正式名称すら判明していませんが、この春にも配布開始されることがマイクロソフトによって公式に発表されています。新OSへの期待は高まるばかりですが、日本ではWindows Phone 8端末が未だ1機種も出ておらず、私たちが直接触れる機会はほとんどありません。この1年、Windows Phoneは各国でシェアをじわじわと伸ばしていることもあるだけに、ガジェット好きとしては日本でも早期に登場してほしいと思わずにはいられません。

[WindowsBlogItalia via WMPowerUser]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます