YouTube、不適切な動画やコメントを弾く「児童版」を開発か

イギリス紙THE Telegraphは18日(現地時間)、独自の情報として、Googleの動画投稿サイト「YouTube」が、児童向けサイトを準備していると報じています。

開発中のサイトは10歳以下を対象としており、不適切な動画や、それに付随するコメントを弾いて提供されるとのこと。

kids-ipad-440

ほんの数年、十数年前には考えられないことですが、多くの子どもたちが専用のPCやスマートフォンをもち、”デジタルネイティブ” とも呼ばれる世代があらわれた現代。インターネットを通じてできることが多くなる一方、その自由度から危険性も比例しているとの声もあります。

そんな中で求められているのは、公官庁やコンテンツを提供する企業による対策。最終的には親の意向で決まってしまうところではありますが、「子どもの知的好奇心を損ないたくない一方、教育上ふさわしくないものは見せたくない」親にとって、今回のようなサービスは一定の意味があるものと考えられます。

[THE Telegraph]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます