Acer、新型タブレット2機種発表 Atom搭載

Acerは29日(英国時間)、プロセッサにインテル製Atomを採用したAndroidタブレット「Iconia One 7」「Iconia Tab 7」の2機種を発表しました。

Iconia One 7は非常に安価であることが特徴で、米国での価格は130ドル(約1万3300円)。もはや中国の格安タブレットに迫る勢いです。Iconia One 7の現時点における販売地域は欧州・中東・アフリカで5月中旬。米国とカナダで6月から発売開始となります。

なお、もう一つのIconia Tab 7には3G通信機能が採用されていることに加え、スペックが高められていることが特徴となります。こちらの価格は約2万5700円。

Iconia One 7

Iconia One 7は前述のように非常に安価なタブレットであり、7インチのIPS液晶ディスプレイは1280×800ドット表示に対応しています。プロセッサにはインテルのAtom Z2560(1.6GHz駆動・デュアルコア)で、Clover Trail+世代のものです。搭載OSはAndroid 4.2ですが、Android 4.4.x系へのアップデートも初めからアナウンスされています。

Acer-Iconia-One-7

その他のスペックとしては、1GB RAM、microSDサポート、最大7時間駆動、500万画素背面カメラ、前面カメラ。

豊富なカラー展開も特徴で、赤・白・黒・青・ピンクの5色展開。背面はグリップ力を高めるテクスチャデザインになっており、片手で持った際のホールド感も高まっています。薄さは8.9mm、重さは明らかにされていません。

Iconia Tab 7

Iconia Tab 7は3G通信機能を持つタブレット端末。電話機能に対応していることも特徴で、7インチながらもしっかりと通話することが可能です。

Acer-Iconia-Tab-7

7インチのIPS液晶ディスプレイは1280×800ドット表示に対応。クアッドコアプロセッサが搭載されているとしていますが、具体的な駆動周波数や型番は明らかにされていません。その他のスペックとしては、microSD対応、最大6時間駆動。両面にカメラが搭載されているようですが、こちらも詳細不明。OSははじめからAndroid 4.4系が採用されています。サイズは横幅116mm、厚さ89mm、重さ298g。

なお、Acerのクラウドサービスである「AcerCloud」に対応しており、6月下旬頃にラテンアメリカで販売されます。

[PhoneArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます