米アップル製テレビ「iTV」は来年登場か ―液晶から有機ELへ方針転換も

韓国メディアThe Korea Heraldは6日(現地時間)、IBK証券のアナリストの話として、韓国のある地元メーカーが米アップルと協力して「iTV」用のサンプルディスプレイを製造したと伝えています。

情報によると、そのサンプルは65インチの有機ELパネル。アップルはこれまで液晶パネルの採用に動いていたものの、解像度や湾曲性といった将来性から有機ELの採用を検討しているとしています。ただ、これはまだ決定ではなく、未だテスト段階であるとのこと。

なお、複数の情報元によれば、発表は来年2015年になるだろうとしています。長年噂され続けるiTVは、予定から遅れに遅れ、さらに遅れるようです。

249351-apple-itv

「結局いつ出るのか」と言いたくもなるような情報の出方ですが、開発が継続されていることは確かなようです。iPod、iPhone、iPadと大ヒット製品を次々と登場させてきたアップルにとって、新カテゴリー製品の “出来” は未来をより強く占います。それだけに、慎重にならざるを得ないのは間違いないでしょう。

アップルCEOを務めるクック氏は昨年末新製品の存在をほのめかしていますが(過去記事)、果たしてその正体は。またまた遅れてしまったiTVのことであれば残念ですが、状況を考えると「iWatch」の方が可能性は高いと言えそうです。

[THE Korea Herald via 気になる、記になる…]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます