auから “週刊スマホ” 発表! ―販売元はもちろんあの…

KDDIとデアゴスティーニは1日、自分の手でスマートフォンを組み立てられる最新分冊百科シリーズ「週刊スマホを作る」を発表した。10年かけて最新のスマートフォンを作り上げることのできる夢のようなシリーズで、ホームボタンが付属した創刊号は790円。

BkEG9oyCYAIPPbA

Credit:KDDI

まずは気になるスペックから見ていこう。

バッテリ― 連続待受時間 最大40分
メール メール最大139文字まで受信可能
カメラ 32万画素のCMOSカメラ
着信メロディ 着信メロディの和音数 16和音

auはこのスマートフォンを『(完成する)10年後も輝き続ける最先端』と謳っているが、筆者の素直な感想としては、革新スピードの速い現代において、10年後も最先端の地位を保っていられるかは少々疑問だと感じた。

img-point img-nearfuture2

Credit:KDDI

冒頭でも述べた通り、記念すべき創刊号にはホームボタンがついてくる。しかしその他のパーツは付属していないため、来週の第2号が届くまで磨いて待つことをお勧めしているとのこと。

img-homebtn2

Credit:KDDI

ちなみに次号の特集内容は、『待受40分のバッテリーを5分長く持たせる裏ワザ』と、『16和音の着メロランキングTOP3』。とくに前者は、バッテリー消費の激しいスマートフォンを賢く使うに当たって非常に興味深い話題である。付録は「ネジ3本」で、価格は1980円。

img-nextissue

Credit:KDDI

最新スマートフォンを自分の手で作るという、ガジェット好きにはたまらないシリーズがついに登場した。「10年後も使えるスペック」という言葉が何ともワクワクさせてくれる。ただ筆者としては、バッテリーのスペックに少々の不満を感じたのだが、読者の皆様はどうだろうか。10年後周囲に自慢のできる一品を手にしたいのならば、購入の価値はあるといえる。

[KDDI]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます