米グーグル、公式カメラアプリを提供 豊富なレタッチ機能

米グーグルは16日(米国時間)、公式のカメラ撮影・レタッチアプリ「Google Camera」をAndroid向けにリリースしました。対応OSはAndroid 4.4.x(KitKat)のみということで、最新機種ないしNexusシリーズが要求される非常に厳しい環境です。

camera4 camera1 camera2 camera3

Google Cameraでは、静止画・動画・パノラマ撮影に対応。静止画では、撮影後に写真に効果(フィルター等)を加える機能を備えており、チルトシフトをはじめとした擬似的な被写界深度を実現します。

また、Nexus端末以外では初となる360度撮影(Photo Sphere)の機能を提供。空間を三次元的に撮影することで、簡易的なストリートビューのように利用することが出来ます。その他、視野角(率)100%のファインダー機能を提供。端末に搭載されている撮像センサーの画素数を余すこと無く活かす事が出来ます。

Android 4.4専用アプリがグーグルから登場するとなると、”最新” を楽しむのであれば、いよいよ端末の選択肢がNexus一辺倒になる可能性も感じざるを得ません。もちろん日本のキャリアからAndroid 4.4を搭載した端末がリリースされることは間違いありませんが、過去の端末に対するアップデート配布の遅さや、独自判断でのアップデート中止といった措置があるだけに、MVNO SIMカードなどの利用シーンがメインになる日が近いのでしょうか。

[Google Playストア]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます