米アップルは、同社が過去に販売していたスマートフォン製品「iPhone 5」の一部で「スリープボタン/スリープ解除ボタン」に問題があるとして、2013年3月以前に製造されたiPhone 5を回収修理すると発表した。また、対象となる製品を調べることが出来る特設サイトを開設している。

この不具合では、スリープボタン/解除ボタンが「断続的にしか機能しなくなる」といったもの。同社では「iPhone 5スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」という名前でWEBで上で専用ページを設けており、リコール修理を呼びかけている。今回のリコールでは、不具合となるボタンのみの無償交換するものであり、本体丸ごとの交換とは異なる

ボタンの交換プロセスは2014年5月2日から実施され、全て「修理センターに送付する形式」で実施される。修理センターに送付する形式は以下の2つ。

  • 持ち込み修理(一時本体預かり)
  • ピックアップ&デリバリー修理(一時本体預かり)

代替機の利用を希望する場合は「持ち込み修理」のみの選択となる。Apple Storeの各店舗か、またはApple正規サービスプロバイダーに持ち込んで修理を依頼する方式となるが、この場合においても「Appleリペアセンター(修理センター)」において修理を行うため、即日修理完了とはならない点に注意が必要

ピックアップ&デリバリー修理は、地方在住ユーザーや忙しいユーザーにおける一般的な修理方法であり、指定した時間に配送業者が梱包箱などを用意した上で自宅に訪問。対象のiPhone 5を受領した上で、修理センターで修理を実施。修理完了後に自宅に届くという仕組みだ。

なお、アップルは今回の件に関して以下の注意点を上げている。

  • 修理は製品をお買い上げいただいた国でしか受けられない場合があります。
  • このプログラムをご利用いただくには、iPhone 5 が (スリープ/スリープ解除ボタン以外は) 正常に機能している必要があります。
  • この問題に関する修理をすでに自費で行われた方は、返金についてこちらからお問い合わせください。
  • この全世界共通のプログラムは iPhone の通常の保証期間を延長するものではありません。
  • このプログラムは、iPhone 本体の最初の小売販売日から 2 年間、対象となる iPhone 5 モデルに適用されます

製品構造に欠陥があるにも関わらず、販売から2年間のみという点にはやや疑問が残るところだ。

なお、修理前にはデータのバックアップを行い、セキュリティ保護の観点からデータの消去、iPhoneを探す機能のOFF、ケース・カバーといったものを予め取り外すといったことを呼びかけている。

[アップル公式サイト – 日本語]