iPhone 6用とみられるケースが複数リークされている昨今、iPhone 6の薄さが現行iPod touchと同等であることが明らかになりました。iPhone 5sの厚みが7.6mmであるのに対して、現行iPod touchの厚みは6.1mm。つまり、iPhone 6はiPhone 5sと比較して1.5mmも薄くなることになります。

ipod_touch_iphone5_thickness

5sとtouchを比較したもの Credit : ArsTechnica

上画像がiPod touchとiPhone 5sの厚みを比較したもの。ここまで薄くして「バッテリー駆動時間は大丈夫?」と心配になってしまうところですが、液晶ディスプレイやプロセッサ、モデム周りの消費電力減少に伴ってバッテリー搭載容量が減少しても問題無いのかもしれません。

仮にこのケース通りのサイズになった場合、バッテリー搭載容量は現在よりも少なくなる一方で「駆動時間はほぼ変わらないか、iPhone 5sよりも長時間になる」といったことが考えられます。アップルとしては現在のiPhone 5sにおける駆動時間で使い心地が損なわれていないと考えているものとみられ、本体サイズ・軽さを尊重する方針であるのかもしれません。

[MacRumors]