iPhone6はデザイン大幅刷新か NFC搭載・ボタン位置変更も

サプライヤーチェーンに対する独自取材調査によって、比較的正確な予想を行うKGI証券のミンチー・クオ氏がiPhone 6に関する詳細な情報を発信しています。

それによると、スリープボタン(電源ボタン)の位置が本体サイド面に移動するとしており、従来の上面では無くなる見込みです。片手で持った際の操作感向上を図るものであるとされており、横・縦両方に拡大するディスプレイに対応する変更であると思われます。

iphone-6-side-800x536

iPhone 6のモデルラインナップとしては、やはり4.7インチと5.5インチの二種類。4.7インチは1334×750ドット表示に対応したRetinaディスプレイ(326PPI)を搭載し、5.5インチモデルは1920×1080ドットに対応したRetinaディスプレイ(401PPI)が搭載されるとの予測を示しています。

プロセッサは新開発の「A8」を新たに搭載し、RAM容量は1GB(iPhone 5sと変わらず)。Touch IDなどの搭載は変化ありませんが、ベゼルに関しては1~2割程度狭くなり、厚みは6.5~7.0mm程度としています。

画面のカバーガラスに関しては高硬度のサファイアガラスを採用されるとしていますが、「5.5インチ・64GBモデル限定」といった形での搭載になるとしております。モデルを絞る理由としては、Touch IDを将来的には液晶ディスプレイ画面で行うための前準備とされており、指紋検出能力を高めるために試験的にサファイアガラスが搭載されるのではないかとの見方を示しました。

カメラ機能に関しては、800万画素でF2.2のレンズ、光学手ブレ補正対応が見込まれます。

なお、何度も搭載が噂されたNFCですがこちらについては、いよいよ搭載されるとの見方を示しており、まさにモデルチェンジともいえるモデルとなりそうです。

気になる発売時期に関しては、4.7インチモデルが9月下旬頃、5.5インチモデルが12月上旬頃になる見込みです。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます