米アップルのiWatch秋発売へ 製造業者決定 ―関係筋

台湾の経済日報は8日、米アップルが開発中とみられる腕時計型端末「iWatch」の部品供給業者が明らかになったとしています。これは、サプライチェーン(部品供給チェーン)から流出したBOM(部品表)から明らかになったもので、組み立てはQuantaが独占的に行うとしています。

Moto360__Metal_RGB

写真はモトローラのもの

発売時期は2014年第3四半期(7月~9月)とみられており、時期的には、9月にiPhone 6と同時発売されるものと思われます。また、1チップで最低6つのセンサー周りを処理するチップが搭載され、血圧測定や心拍数測定の機能が備えられる見込みです。

なお、画面を保護するガラスカバーは一般的な腕時計でもおなじみの「サファイアガラス」を採用。ただし、タッチパネルにおける検出に影響を及ぼすため、一般的な腕時計の使い方とは同一視できません。

jacobbraun

左はヤコブ・イェンセン / 右はディーター・ラムス

最近ではモトローラが “より腕時計に近い” スマートウォッチを発表したばかり。アップルも同様に “腕時計らしさ” をあえて追求してくるとみられており、革バンドやクロノグラフ、アナログ針といった要素を兼ね備えていることが考えられます。

[経済日報]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます