KDDI、今夏より「キャリアアグリゲーション」導入 ―LTE-Advanced時代の幕開け

KDDIは21日、携帯電話サービス「au」について、今年の夏を目途にキャリアアグリゲーション (以下CA) を日本で初めて導入すると発表した。これによって、最大で150Mbps(下り)の高速通信を実現する。

kddi_ca

Credit:KDDI

CAは、複数の周波数帯のLTE通信を同時に行う技術。800MHz帯の10MHz幅(75Mbps)と2.1GHz帯の10MHz幅(75Mbps)を足し合わせることで、合計20MHz分(150Mbps)の帯域を得ることができる。

CAのメリットは、単純に最大速度が向上する点だけではない。複数の周波数帯域から選択的にデータ通信が行えるため、一つの周波数帯の電波環境が悪く速度が低下した場合でも、別の周波数で通信速度を補うことができる。

この新技術を利用できるのは対応機種に限られるが、現在までに発表されたauスマートフォンでCA対応を謳う製品はない。まもなく発表されるとみられる夏モデル以降から順次対応していくことになる。

対応エリアは、サービス開始時には約2500地点に限られるが、今年度末には約2万地点に拡大予定とのこと。具体的なエリア展開に関しては、今後同社のウェブサイトで告知される。

KDDIによるCA導入の発表は、同社がLTE-Advancedを提供開始すると宣言したに等しい。この発表によって、次世代通信サービス競争においてKDDIが一歩先に駒を進めたことになる。とはいえ、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルも複数の周波数を所有しており、今後他社も追随してCA(LTE-Advanced)を導入することは間違いない。これまでの「単なる通信速度」だけでなく、消費者がずっと望んできた「高速通信の安定性」についても激しい競争が繰り広げられることを期待したい。

[KDDI via ケータイWatch]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます