米アップル、新型MacBook Airを明日発売へ

米アップルは米国時間29日(日本時間の30日)にも、新型MacBook Airを発売する見込みです。これは複数の情報筋から寄せられた情報であり、世界各国の主要なアップル系情報サイトでも「確定」の情報として伝えています。

既にリアル店舗のApple Store各店には入庫しているとも伝えられており、発表会などを経ずにオンラインストアとリアル店舗の両方で「突然新型が発表される」といった状況になるものとみられます。

スペックについてですが、残念ながらRetinaディスプレイの搭載は現時点で見送られる模様です。11インチと13インチの両方で新型が投入され、13インチモデルの一部において詳細スペックがリークされています。

newair

搭載されるプロセッサは1.4GHzのデュアルコアCore i5プロセッサで、TurboBoost利用時には2.7GHzで駆動します。標準搭載メモリは4GB。内部ストレージには128GBのSSD(フラッシュメモリストレージ)、1440×900ドット表示に対応した液晶ディスプレイ、Intel HD Graphics 5000といったスペックが並んでいます。

外部ポート関連としては、SDXCカードスロット、USB 3.0×2基、Thunderbolt・Mini DisplayPort兼用×1基。無線ネットワーク周りは802.11ac、Bluetooth 4.0となっています。重さは1.35kgであり、現行モデルと変化はありません。

アップルはMac関連のリニューアルについて、本体デザインを大幅に変更しない限りは “こっそり” と行うようになっており、スペックアップ程度では基調講演において時間を割くことが無くなる傾向にあります。一つに、家庭用における主力商品をMacからiPadなどのタブレット製品にシフトしていることが影響しているとみられており、さらにPC向けの技術革新が以前より分かり難くなっていることがあるのかもしれません。

特に、家庭用PC市場は縮小傾向にあるだけに「素早い製品投入」が売上げの鍵となります。従って、WWDCや秋の発表会などを待っていては投入のタイミングを逃してしまうだけでなく、発表会を開いてもインパクトに欠けるだけでブランドイメージを損なう可能性すらあります。

そういった複合的な判断から、昨今のオンラインストアによる突発的な発売路線が採られているものとみられます。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます