So-net、プリペイドSIM販売を開始 関空にSIM自販機設置も

ソネット株式会社は14日、プリペイド方式のSIMカード「Prepaid LTE SIM」を4月22日から販売すると発表した。NTTドコモの回線を借り受ける形のMVNO方式で提供されるため、NTTドコモのXi・FOMAエリアで利用できるのが特徴。下り最大150Mbpsと高速であることも特徴だ。

Prepaid LTE SIMは、100MB・500MBの通信量プランを用意。サイズは標準SIM・MicroSIM・nanoSIMの3種類が用意され、「2タイプ×3種類」の計6種類がラインナップされる。

image001

SIM形状の違いによって値段差は無く、100MBが3,000円(税込み)、500MBが5,000円(税込み)となる。利用期間が定められており、100MBの場合は30日間、500MBは60日間となる。いずれもアクティベーションした後からのカウントとなる。

利用者はWEB上で「残容量」を確認することができ、チャージも可能。チャージにはクレジットカードが必須となり、「チャージ200M」が1,500円/30日間、「チャージ500M」が2,000円/60日間、「チャージ1G」が2,838円/60日間。いずれも税抜きとなる。

利用開始方法は、SIMカードを端末に挿入してAPNを設定。その後、ウェブからアクティベーションする仕組みだ。

image002

今回、国内初の取り組みとして関西国際空港におけるSIMカードの自動販売機を設置。日本円のみの取り扱いとなるが、24時間・年中無休で利用出来る点が特徴だ。このようなSIM自販機は海外では広く一般的に広がっており、いよいよ、東京五輪2020に向けて日本でもそれらの取り組みが本格化する兆しがある。設置場所は国際線到着階1Fの南・北に設置されている、それぞれのInternet&Telephoneコーナーの2ヶ所。

外国人旅行者向けの電話サポートも行っており、平日10時~17時の間には日本語・英語の2言語に対応。サービスサイトでは日本語・英語・中国語(簡体・繁体)、マニュアルは左記に加えて韓国語・タイ語をサポートする。

[So-net]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます