米ツイッター、ビッグデータ分析企業を買収

ロイターは15日(米国時間)、米ツイッター社がソーシャルデータ解析企業の「Gnip」社を買収したと報じた。買収額は非公開。

GnipはTwitter以外にも、Tumblr・Wordpress.com・Foursquare・DISQUSなどとも提携しており、それらの企業から提供されるデータ(いわゆるビッグデータ)を分析することで、マーケティング活動などに活かしている企業。

Adam_Sadilek_TwitterHealth-large

Gnipはツイッター社とリアルタイムに膨大なデータを受信する「Firehose」プログラムを締結しており、一般のTwitterユーザーは1時間単位でAPI制限があるが、Gnipは世界中でやりとりされる全ての公開ツイートを受信できる立場にある。今回の買収を経て、従来よりも密な連携を図るものと思われる。

なお、Firehoseプログラムにはデータ再販制度が存在しており、Gnipも解析結果をクライアントに提供していた企業の一つ。ツイッター社自身がデータ解析事業に進出した場合、Firehoseプログラムを締結してデータ再販を行っている企業に影響が及ぶ可能性も考えられる。日本ではNTTデータが独占的にFirehoseプログラムを締結している(Yahoo!JAPAN/Microsoft Bingは除く)。

[ロイター]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます