本命きた!G-SYNC対応の4K液晶ディスプレイ発売へ

Acerは22日(台湾時間)、NVIDIAの遅延レステクノロジー「G-SYNC」に対応した28型4K解像度液晶ディスプレイ「XB280HK」を発表しました。現在のところ価格は未定ですが、日本でも発売されます。発売時期は第2四半期(4~6月)とのことですので、あと1ヶ月程度で発売される見込みです。

Acer-4K-monitor

Acer XB280HKは、3840×2160ドット表示(4K)に対応した液晶ディスプレイ。ディスプレイ方式は明らかにされていませんが、視野角は上下170度。なんとなく推測できてしまうところですが、確定事項ではないのであえて名言はしません。なお、バックライトにはLEDを採用しています。

さて、最大の特徴となるG-SYNCですが、こちらはNVIDIAがモニタ側に専用処理回路を内蔵させることで実現する遅延レステクノロジー。厳密にいえば、いわゆるリフレッシュレート60Hz環境下における、60Hzで描画できなかった際の垂直同期による遅延問題を解決するもの。いわゆるStutter(カクつく・カクつき)といわれる現象で、FPSゲーマーにとっては死活問題の一つです。もう一つは垂直同期を無効にした際に発生するティアリング(画面分断)。

これら2つをまとめて解決するNVIDIAによるゲーマーのための「可変フレームレート」テクノロジーがG-SYNCというわけです。PCパーツメーカー全体でいえば、高性能なパーツを揃えて50万円を超える自作PCを組んでくれたほうが嬉しいものですが、NVIDIAとしてはPCゲーマー人口を広げることを大切にしているものとみられます。

なお、XB280HKはノングレア仕様の「ComfyViewテクノロジー」を採用。その他、チラツキ軽減技術や低輝度でも十分な明るさを得られる技術などが採用されています。

まさにPCゲーマーのためのディスプレイといっても過言ではないものですが、価格的に安くなるとみられる4Kディスプレイだけに、他用途でも活用できそうな製品です。

[MicrosoftNews]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます