米アップル、iPhone6を8月に発売 夏に前倒しへ

ロイターは9日、台湾の経済日報が報じた情報として、米アップルが8月にもiPhone 6を発売すると伝えている。アップルは新型iPhoneを2種類用意しているとみられており、8月に発売されるのは4.7インチの液晶ディスプレイを搭載したモデル。

iPhone 6をめぐっては、4.7インチと5.5インチ前後の2モデル展開とされており、現行モデルのiPhone 5sと比較して横・縦の双方に画面サイズが大きくなるとみられる。iPhone 6は、既に本体の設計図から作成された物理模型(モック)も登場しており、未発表のデザインが明らかにされている状態。

iphone-6-space-gray-mockup-1

経済日報によると、年内の販売台数は8,000万台とされており、従来のiPhoneよりも強い需要を見込んでいる模様。最近の流れでは9月頃にiPhoneの発表会が開催されていたが、iPhone 3GやiPhone 3GSの頃のように夏発売に戻りつつあるようだ。

iPhoneは、初代・3G・3GS・4と初夏頃に発売されるのが通例であったが、iPhone 4Sからは秋発売に変更されていた。iPhone 4Sの発売時には、前機種から1年以上が経過しており「遅れ」とも称されることがあったが、iPhone 6では以前のサイクルに戻ることになる。

[ロイター]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます