iPhone6を再現したモックアップが登場

iPhone 6の設計図と思われるものやケースの流出によって、もはやこの形であることが前提で話が進みつつあるiPhone 6ですが、それらを元にして作成された精巧なモックアップを撮影した画像が登場しました。

iphone_6_physical_mockup_macitynet

そちらの画像が上の物。4.7インチ・ブラックモデルを模しているようですが、仮にこの濃さの黒が実現したならば “黒好き” の皆様には堪らないモデルとなりそうです。全体的な印象としては、従来の情報通りの現行「iPod touch」風。薄さが際立つのはエッジ部分を丸めていることに起因しているものと思われます。

さらにiPhone 5やiPhone 5sでは「ツートン」と呼ばれていた部分もすっかり影を潜めており、通信用アンテナのための区切りが上下に二本刻まれるのみとなりました。

iPhone 6の大きな変更点になるとみられる物理ボタンの位置変更も再現されており、スリープボタン(電源ボタン)が右横に移動している点も大きなポイントです。

製作者の話によると、最新版ケースの金型から作成した精巧なモックアップであるとしており、仮にこのデザインのまま量産されたならば、早くもiPhone 6のデザインが披露されたことになります。なお、iPhone 5の際も春頃にはデザインがリークされていたので特段イレギュラーというわけではありません。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます