LG本気の新スマホ「LG G3」発表 レーザーAF搭載

LG-G3-1a-Large.JPG

LG電子は27日(米国時間)、同社のフラグシップ・スマートフォン「LG G3」を正式発表しました。ディスプレイには約5.5インチで2560×1440ドット表示に対応。左右の極挟ベゼルがスマートな印象を与えています。

UIを一新

LG-G3-01背面には凹凸を抑えたフラットな物理キーを搭載。LG G2時代よりもデザインが洗練されているように思えます。一見すると金属筐体のようにも見えますが、あくまでもポリカーボネートを採用した “金属風デザイン” である点には注意が必要。なお、賛否両論のあるLGロゴは前面と背面の両方に存在。従兄弟機種である「isai FL LGL24」とは大きく違います。

ソフトウェア面でも大きな改良が施されており、UIは流行の淡色×フラット。ロングシャドウ・エフェクトが似合いそうなアイコンが並んでおり、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

個人的には良くも悪くもLGらしかったUIが一新され、過去最高の評価を与えたいほどです。今までLG製端末をGGSOKUで取り上げることはあまりありませんでしたが、これからは変わるかもしれません。

ハードウェアスペック

先にハードウェア面の仕様をご紹介すると、プロセッサには2.5GHz駆動のクアッドコア「Snapdragon 801 8974CA」を採用。2014夏機種ではトレンドのハイパフォーマンスSoCです。RAM容量は2GBで、内蔵ストレージは32GB。拡張ストレージとして最大128GBまでのmicroSDXCに対応します。

ディスプレイは前述したように約5.5インチの2560×1440ドット表示に対応したIPS液晶。本来の意味の解像度であるピクセル密度は538ppiと、非常に高精細なものです。

搭載OSはAndroid 4.4.2。サイズは146.3(H)×74.6(W)×8.9(T)mm、重さは149gとなります。

充実のカメラ機能「レーザーAF」

カメラ周りの機能としては、事前のリーク情報通り、レーザー・オートフォーカス(AF)が採用されました。AF速度に定評のあるGalaxy S5よりもAFが高速であるとされています。

撮像センサーには約1,300万画素のソニー製センサーを採用。光学式手ぶれ補正に対応している点も大きなポイントです。

別売ケースは超本格

今回同時に発表された別売の「Quick Circle Case」は、単なるキズ保護の役割を果たすケースではなく、LG G3に拡張的な機能をもたらします。

LGG3-TNTN.JPG

カバーを開けてメインディスプレイからの操作を経ることなく、カメラや音楽・Eメール・設定をはじめとしたアプリを起動することが可能です。

この円形内部は電話であれば着信履歴、音楽であれば再生制御、時計、歩数計といった表示を行うことが出来ます。以下にPhoneArenaが撮影した実機の画像を数点ご紹介します。

LG-G3-QuickCircle-Case-and-UI (2) LG-G3-QuickCircle-Case-and-UI (1) LG-G3-QuickCircle-Case-and-UILG-G3-QuickCircle-Case-and-UI (3)

発売日など

米国では明日から主要キャリアで販売され、スプリントには独占的にシャイン・ゴールド色が供給される見込みです。その他にも世界170カ国以上で販売され、英国では7月、ブルガリアでは6月といった具合に、主要国が最速といったわけではないようです。なお、いずれの国も7月までには販売開始されると伝えられています。

価格については、Cloveが499英ポンド(約8万5500円)の付加税込で掲示しており、概ねその近辺の値段になる見込みです。

[PhoneArena]

2014/05/28 12:02 JST
カバーの部分に関して誤りがありましたので修正いたしました。お詫び致します。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます