Surface Pro 3に筆圧キャリブレーション機能を提供へ

発表以降かなり好評のように見受けられるSurface Pro 3ですが、大きな特徴として「ペン入力機能の大幅強化」が挙げられます。そんなペン入力ですが、米国時間の22日に米マイクロソフトが公開した情報によると、今後数ヶ月の間に「筆圧キャリブレーション機能」がWindows Updateを通じて提供される予定であるとのことです。

Surface-Pro-3-with-Pen

Surface Pro 3の筆圧については256階調であることが明らかにされていますが、前機種が1024階調であったこともあって、この点については賛否両論といったところです。筆圧はペン入力を行った際に、現実世界における “描き味” を再現するための重要要素であり、例えばフォトレタッチソフトで筆を使った際に、筆圧に応じて線幅を繊細に変えることが出来ます。

賛否両論の件はとりあえず置いておくとして、筆圧と得られるフィードバックについてはユーザーそれぞれの個人差があるために、今回のキャリブレーション機能は使い勝手を向上されることは間違いありません。

液晶画面とカバーガラス間の視差を出来る限り減らして、あたかも紙に描いているかのようなフィードバックを得られると好評なSurface Pro 3ですが、筆圧階調の件も含めて、リリースされ次第ぜひとも体感してみたいものです。

[Microsoft公式ブログ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます