速報:米マイクロソフト、Surface Pro 3を正式発表

米マイクロソフトは20日(現地時間)、ニューヨークで開催したSurfaceに関するメディアイベントにおいて「Surface Pro 3」を発表した。

発表に先立ち、3年前に「タブレットがラップトップPCを殺す」といった予測がされたが、実際は未だにMacBook Airを使い続ける人がいることを指摘。純粋なタブレット端末は入力デバイスとしては必要十分を満たさない現状を指摘した(※補足:受動的使い方と能動的使い方で賛否は別れるものと思われる)

実際に、タブレット端末を求めて店頭に訪れた際に「ラップトップPCが必要であることを知る」といった事例を挙げ、タブレット端末が全てのコンシューマ向け需要を満たすわけではないことを強調した。

surface000007

Surface Pro 3はIntel Core iシリーズのプロセッサを搭載しながら、9.1mmの厚さを実現。現行世代のSurface Pro 2よりも高速化している。重さは本体のみで約800g

surface000008 surface000010

画面サイズは従来の10.6インチから12インチに拡大。解像度は2160×1440ドット表示に対応。同社はこの高精細ディスプレイを「ピクセルフリー(Pixel Free)」と呼んでいる。

surface000013

発表会ではMacBook Air 13インチとSurface Pro 3を天秤にかけて重さを量ったデモが行われ、MacBook Airが重いことを強調した(ただし、Surfaceにはキーボードカバーは付いていない / 後ほどのデモでカバー付きでもMBAより軽いことが示された)。

surface000014

画像を見る限りではCore i7のプロセッサが搭載されているように見受けられる(Core i3/i5モデルも存在する)。冷却ファンが中央に鎮座しており、低電圧とはいえ、PC向けプロセッサと同等のものを搭載することから排熱設計にもこだわりがあるのかもしれない。ファンレスについても検討されたとのことであるが、ファンレスには興味がなく、Surface Pro 3に搭載されている “30%も効率的” なファンを搭載することに決めた模様。

今回も筐体には「マグネシウム合金」を利用。従来のSurface Proなどと同様に金属の質感がSurface Pro 3でも踏襲されていることになる。

surface000016

完全に刷新されたドッキングステーションでは、4Kビデオ出力に対応。ディスプレイは従来通り、タッチ・マウス・ペンによる入力に対応する。

surface000019

発表の中では「PCと同様のハイパワー」であることがとにかく強調されており、3Dモデルを多様するリッチなアプリケーションや、アドビ社のPhotoshopをはじめとしたアプリケーションが軽快に動作することを何度も強調した。

surface000021
surface000022

発表会にはアドビ社のMichael Gough氏も登場し、Surfaceに最適化されたPhotoshopをリリースすることを明らかにした。画面を見る限りでは各種ボタンがタッチ操作に最適化されて拡大されており、ピンチなどのタッチ操作でキャンバスをカンタンに操作できるようになっている。

surface000024 surface000025

Surfaceで特徴的なキックスタンドは、第1段階として22度。つぎにキャンバスモードとして150度といった、ペン入力に最適な角度にすることも出来る。

surface000027

タイプカバーは5色展開。従来のシアン色・パープル色・ブラック色・レッド色に加えて、ブルー色が加わった(正式なカラー名称は不明)。トラックパッドの面積は従来よりも68%も増加。

surface000028
BoFwmJnIMAENvUg

膝の上に置いた際の安定感も従来モデルより大幅UP。カバーまで含めた端末全体のサイズ感や折り返し部の存在で安定感が向上したとしている。

surface000032 surface000033

また、進化したスタイラスペンによる入力のデモも披露。NYTのクロスワードパズルアプリを用いて、手書き文字入力が従来よりも認識精度や書き易さの点で向上していることを示した。また、液晶ディスプレイとペン先の視差(カバーガラスなどの厚みによって生じるズレ)を極限まで減らしたことも特徴。

surface000036

OneNoteを用いて、複数人とOneDriveを通じて共同編集することが可能だ。デモを見る限りではペン入力が極めて高性能(高精細)であるように見受けられる。会場の反応も極めて良い。

また、スピーカーは従来よりも40%強化されたとされているが、具体的な指標が何を示しているのかは不明。

surface000037

とにかくSurface Pro 3のペン入力は「高性能さ」が強調されており、デモのライブ動画でもそれを見て取れるほどである。専用のノートアプリは “たった5ドル” で提供され、OneDriveにネイティブで保存できるなど、クラウドサービスとの親和性も高い。

surface000038 surface000039

デモでは背面カメラで撮影した画像に対してペン入力でレタッチを行うデモも披露された。

SurfacePro3Primary_Web
SurfacePen_Page
SurfaceProTypeCoverRed_Web SurfaceProTypeCover_Web

予約開始日は明日から(米国)。価格はCore i3バージョンで799ドル(約8万円)。日本を含む26カ国において8月下旬までに発売される。

モデル 価格
Core i3 64GB 4GB RAM 約8万円
Core i5 128GB 4GB RAM 約10万円
Core i5 256GB 8GB RAM 約13万1000円
Core i7 256GB 8GB RAM 約15万6000円
Core i7 512GB 8GB RAM 約19万7000円
アクセサリ名 価格
Surface Pro Type Cover 約1万3100円
追加Surface Pen 約5000円
追加36Wバッテリー 約8100円
追加Pen Loop 約500円
ドックステーション for Surface Pro 3 約2万円
イーサネットアダプター 約4000円
搭載OS Windows 8.1 Pro
ディスプレイ 12インチ
ClearType Full HD Display
タッチ操作対応
解像度 2160×1440
画角3:2
ペン入力 256段階入力 ペン付属
CPU 第4世代 Core iプロセッサ
i5-4300U (1.6GHz / TB時2.90GHz)
Intel HD Graphics 4400
上記はCore i5モデルの場合
RAM 4GB または 8GB
内蔵ストレージ 64GB / 128GB / 256GB / 512GB
外部ストレージ microSD対応
背面カメラ 500万画素
前面カメラ HD解像度対応
対応ネットワーク Wi-Fi
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0 LE
端子類 フルサイズ USB 3.0×1
Mini DisplayPort×1
ヘッドフォンジャック
サイズ 約201.4(H)×292.1(W)×9.1(T)mm
重さ 約800g

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます