KDDIは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia ZL2 SOL25」を正式発表した。2種類の周波数帯を束ねて利用するキャリアアグリゲーションやWiMAX 2+にも対応し、動画では4K解像度での撮影が可能となった。発売時期は5月下旬。

Xperia ZL2 SOL25は、約5インチで1920×1080ドット表示(フルHD)に対応する液晶ディスプレイを搭載。液晶テレビブラビアの映像技術や画作りを濃縮した、モバイル向け「トリルミナスディスプレイ for mobile」を採用。赤・緑・青・エメラルドグリーンなどの発色が特に優れる。さらに超解像技術としてX-Reality for mobileも搭載している。

xperia_zl2

約2倍の電池持ちを実現する「STAMINAモード」では、指定したアプリの待機動作を制限することで電池消費量を抑えてバッテリー駆動時間を向上。電池持ちを重視したい際には、バックグラウンドで不用意に動作するアプリに対して制限をかけることが出来る。

その他、ソニーらしい機能として、約2070万画素の背面カメラでは4K解像度の動画撮影が可能。F2.0 広角27mmのGレンズ、Exmor RS for mobileセンサー、画像処理エンジンBIONZ for mobileを組み合わせることで、静止画・動画の双方において高画質化を実現した。また、Xperiaシリーズではおなじみになりつつある、ARエフェクトやタイムシフトビデオ機能、プレミアムおまかせオートも搭載している。

sol25_detail_07

内蔵スピーカーはステレオに対応しており、フロントからS-Forceフロントサラウンド機能を通じて臨場感あふれる音を奏でる。また、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載しており、イヤホンなどを外出中に利用している際に周囲の騒音を最大約98%低減する。

KDDI向けの機能としては、2種類の周波数帯を束ねて通信速度を向上させる「4G LTEキャリアアグリゲーション(CA)」に対応。対応する一部エリアにおいては、下り最大150Mbps/上り最大25Mbpsとなる。また、UQコミュニケーションズのWiMAX 2+にも対応することで、対応エリアでは下り最大110Mbpsの通信が利用出来る。

搭載OS Android 4.4
ディスプレイ 約5.0インチ
トリルミナスディスプレイ for mobile
解像度 1920×1080ドット
CPU Snapdragon 801
2.3GHz駆動クアッドコア
MSM8974AB
RAM 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ 最大128GB SDXC
背面カメラ 約2070万画素
前面カメラ 約31万画素
対応ネットワーク LTE 800MHz 2GHz / 3G / WiMAX 2+
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応
フルセグ 対応(視聴のみ)
Miracast 対応
赤外線通信 非対応
バッテリー容量 3,000mAh
バッテリー取り外し可否 不可能
防水・防塵 IPX5/IPX8 IP5X
サイズ 約137(H)×72(W)×10.8(T)mm
重さ 約167g
展開色 ターコイズ
ホワイト
ブラック

[KDDI]