Android Wear搭載LG G Watchの国内販売開始 2万2900円

Android Wearを搭載するLG電子製の「LG G Watch」が日本国内のGoogle Playストアで販売されている。カラーはブラックとホワイトの2色展開で2万2900円。記事執筆時点ではどちらの色を選択しても7月4日(金)までに出荷されるとしている。

lg_g_watch

LG G Watchは、グーグルがウェアラブルデバイス向けに推進する「Android Wear」を搭載したスマートウォッチ。Android Wearを搭載するスマートウォッチは複数のメーカーが発表しており、サムスンの「Samsung Gear」やモトローラの「Moto 360」がある。Samsung Gearは既に国内においても近日発売との表記がなされており、Moto 360は今夏に発売予定だ。

LG G Watchのリストバンドは市販の一般的な22mm幅時計バンドを利用しており付け替えが可能である点が特徴。常にディスプレイを表示しつつも1回の充電で “1日中” 利用できると標榜している。電池容量は400mAh。防水防塵はIP67。

lg_g_watch_2

Android Wearを利用するには、Bluetooth連携するスマートフォンのOSがAndroid 4.3以降のものである必要がある。お馴染みの音声コマンド「OK Google」にも対応しており、既に発表されている多彩なAndroid Wearの機能を利用可能だ。

ディスプレイサイズは1.65インチ(280×280 IPS液晶)。サイズは37.9(W)×46.5(H)×9.95(T)mm、重さは63g。プロセッサは1.2GHz駆動であるが、詳細は不明。内部ストレージは4GB、RAM容量は512MB。外部端子としてはpogoピンタイプのUSBを採用。充電クレードル側はmicroUSBとなる。

センサー類は9軸の加速度計/コンパス/ジャイロスコープ。心拍数などを取得する機能は存在しない。

[Google Play]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます