NTTドコモ、次世代通話「VoLTE」を24日から開始

NTTドコモは18日、LTE通信網を利用した次世代音声通話サービス「VoLTE(ヴォルテ)」を24日から開始すると発表した。2014年夏モデルの一部に対してソフトウェア・アップデートが配布され、アップデート済の端末同士でVoLTEを利用することが出来る。

docomo_volte

VoLTEはLTEのIP通信網を利用して音声通話を行うサービス。従来の回線交換方式とは異なり、高音質かつ安定した通話を実現できるのが大きな特徴。さらにビデオコールをしながらLTE通信も同時に出来るなどといったメリットも存在する。

現時点での対応端末は以下の6機種

  • GALAXY S5 SC-04F(24日対応予定)
  • Xperia Z2 SO-03F(6月下旬)
  • AQUOS ZETA SH-04F(6月下旬)
  • ARROWS NX F-05F(7月下旬)
  • AQUOS PAD SH-06F(7月下旬)
  • Xperia Z2 Tablet SO-05F(9月下旬)

VoLTEを利用するには前述した通り、双方が対応端末であることが必須条件となる。普及し始めのサービスであるために、なかなか条件が合致するようなシーンは少ないと思われるが、非常に便利な音声通話サービスであるだけに普及が望まれる。

なお、弊サイトがNTTドコモの2014年夏モデル発表会でVoLTEの発着信速度を撮影したものが上の動画。従来の回線交換方式と異なり、発信から着信までのスピードが非常に速いことが分かる。

[NTTドコモ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます