iOS8にクレジットカード番号をカメラで読取る機能搭載

9to5Macの報告によると、今秋にiPhone 6とリリース予定の新型OS「iOS 8」には、クレジットカードをカメラで撮影すると、クレジットカード番号・有効期限の双方が自動入力される機能が搭載されていることが判明しました。

safari-ios-8-credit-card-scan-01 safari-ios-8-credit-card-scan-02

このクレジットカード読み取り機能はSafari自体に組み込まれており、Amazonをはじめとした各種サイトにおいても利用することが出来るようです。流石にCVN番号(カード裏面の認証番号)までは対応させていないと思いますが、カメラ撮影するだけで入力できるのは便利なものです。

入力するのが面倒なために、クレジットカード番号をECサイト側に登録してしまうユーザーも多いかと思いますが、ECサイト側のセキュリティ事故によってクレジットカード情報が流出するリスクを考えれば、この方式で毎回入力するのがとても安全なように思えます。

ちなみに、アップルは既にiTunesギフトカードにおいて同様の機能を提供しており、スクラッチして出てくるiTunesギフトコードをカメラで読み取るだけで番号を入力してくれる機能を提供済みです。実際に筆者が使った際には一瞬で認識されるすぐれもので、QRコードと変わらぬ利便性でした。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます