iOS 8に立体地図を活かした「観光機能」が追加される

9to5Macは22日(米国時間)、iOS 8ならびにOS X 10.10 Yosemiteに追加される新マップアプリに、FlyOver(立体航空・衛星写真地図)を活かした都市観光機能が搭載される可能性を指摘しています。

ベータ版の開発が進むにつれて機能が開放されるとみられており、すでに対応しているパリ・ニューヨーク・サンフランシスコ・サンノゼ・英国の一部・バルセロナ・ローマでは、その隠し機能を開放しているユーザーまで登場しています。

screen-shot-2014-06-22-at-16-50-051

上の画像はOS X 10.10 YosemiteのMapアプリにおける画像ですが、対応している都市では「Tour」とのアイコンが表示され、そのアイコンを押下すると主要な観光スポットを自動的にFlyOverで周ることが出来ます。つい先日に東京もFlyOver機能が対応されましたが、正式リリースまでには間に合うのでしょうか。

実際にiOS 8版で動作させた動画が上のもの。ノートルダム大聖堂やルーブルといった主要なスポットを順に巡ることが出来るようです。現在はあくまでもベータ版の初期状態にあり、正式実装時にはWikipediaとの連携や名所の名称が表示されるといった可能性も残されています。

何かと “楽しいだけで終わり” であるFlyOver機能ですが、ようやく使い方の例として1つ示せたようにも思えます。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます