米アップル、iOS 8を正式発表

米アップルは2日(現地時間)、iPhoneやiPad向けの新OS「iOS 8」を正式発表した。

apple-wwdc-_0318

発表の冒頭でiPhoneが5億台を突破したことを明らかにし、iPadは2億台を記録している。新規にiOSデバイスを購入したユーザーは1億3000万人にのぼり、中国ユーザーの影響が大きいことが分かる。

DSC_1089

さらに、ライバルのAndroidと比較して最新OSが89%ものデバイスにインストールされていることを強調。Androidでは最新のKitKatがわずか9%にしか過ぎないのに対して対照的であるとしている。さらに4年以上前のOSのが未だに現役であることも指摘。セキュリティアップデートもままならないとしている。

クックCEOはiOS 8の発表にあたり「とても巨大なアップデートである」と強調。エンドユーザー向けの機能だけでなく、デベロッパーにとっても大きなアップデートになるとのこと。

DSC_1109 DSC_1107

 基本デザインはiOS 7を踏襲。新機能として通知センターが拡張され、通知センターから直接通話・メッセージの編集をすることが出来る。また、ロック画面における操作にも対応。アラートやスケジュールに対して操作を加えることが可能となった。

DSC_1111
apple-wwdc-_0369

マルチタスク画面においては、ユーザーも表示。最後に通話またはメッセージのやり取りを行ったユーザーも羅列されるようになった。

apple-wwdc-_0345 DSC_1116

iPad向けのSafariでは、大画面を活かした機能を搭載。サイドバーにおいてメールの確認や各種操作が可能となった。

DSC_1139

ジョニー・アイブには髪が生えた。

DSC_1147

iOS 8ではSpotlightも拡張。iTunesの曲・アプリだけでなくニュースや観光名所なども検索が可能だ。映画のタイトルではiTunes上の評価も表示される。こちらでもGoogle.comで検索デモを行っており、以前のケンカが嘘のようだ。

DSC_1156
DSC_1165
DSC_1173

新しい文字入力も搭載されており「QuickType」と呼ばれている。これは文字入力を先回りしてサジェストするものであり、ある単語のあとに頻出する単語を予測するというものだ。日本語にも対応する。

DSC_1180
DSC_1182

メッセージアプリではグループ機能を搭載。複数人数が1つのスレッド(窓)でやり取りすることができる。ある種LINEのような機能と考えれば分かりやすいかもしれない。シェアロケーション機能では、現在地のやりとりが可能。

DSC_1187
DSC_1205

Tap to Talk機能では、メッセージ画面から簡単に音声やビデオメッセージを作成することが可能。グループ機能では就寝中にメッセージ着信アラートが鳴ることを避けるために、就寝モードにすることが可能(おやすみモード)。

DSC_1224
DSC_1227

iCloudはシステム上のレイヤーで低層に位置するものとなり、アプリを起動中であってもFinderのようにファイルを扱うことが可能となった。ある意味、iPadではMacのような操作感に若干ながら近づいているようにも思える。

DSC_1243

iOS 8では企業向け機能を大幅強化。企業のネットワーク(※通信ネットワークではない)にパスコードを入力することで参加できるようになった。また、メッセージでは社内メンバーのメールアドレスを取得することが出来る。

ヘルスキットの記事

DSC_1295 DSC_1287

家族におけるペアレンタルコントロールも強化。子供が何らかの許可(例えばメッセージを返信してもよいかといったことも)を保護者に求めることができ、保護者のiOSデバイス上に許可をするか否かのアラートが表示される。

DSC_1315 DSC_1302 DSC_1323
DSC_1313

写真Appでは、編集機能を強化。コントラストや明暗などを簡単に編集することができる。iMovieのようなサムネイルスライダーを通じて写真の明暗を調整することが可能。

DSC_1346 DSC_1344 DSC_1340 DSC_1333

写真Appは写真のライブラリが強化される。ヨセミテにも同様の機能が搭載されるが、iOSに先に供給される見通し。

DSC_1373 DSC_1370
DSC_1379 DSC_1382

開発者向けの大幅な変更としては、App Storeが大幅に変更される。アプリ検索結果の無限スクロールに加えてトレンドのサーチなども加わる。アプリレビュー画面では動画再生に対応。複数のアプリをバンドルして1つのアプリとして公開する機能も加わった。

DSC_1384

新機能「TestFlight」では、公開ベータを実施可能。ユーザーからのフィードバックを得られるようになった。これにともなって、リリース前にユーザーの反応を開発に活かすといったことが可能となる。

DSC_1406 DSC_1401 DSC_1399

ついにアプリ同士の通信に対応。アプリ自体はサンドボックス内に封入されて管理されるが、アクションの実行やファイルの共有が可能となった。

DSC_1424 DSC_1427 DSC_1409

そして、ついにウィジェットが実装される!ウィジェットは通知センター内に格納され、サードパーティー製のウィジェットも導入可能。

DSC_1441 DSC_1438

さらに!サードパーティー製のキーボード(IME)を利用可能になった。

DSC_1451 DSC_1449

また、Touch IDのAPIも開発者向けに提供され、各種パスワードなどをTouch IDで済ませることが可能となる。

(2014/06/03 3:57 JST リアルタイム更新を終了します)

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます