米アップル、新型「iPad Air 2」の生産をまもなく開始

9to5Macは11日(現地時間)、米アップルが第6世代目となる新型「iPad Air 2(仮称)」の生産を今月開始すると伝えています。

screen-shot-2014-06-11-at-9-20-10-am

伝えられている情報によると、アップルはiPad Air 2のディスプレイの量産を今月中旬からプロセッサーやカメラセンサーなどの量産を来月に開始するとしており、同端末にはA8プロセッサーが搭載されるとのことです。A8プロセッサーは、次世代iPhoneに焦点を当てて開発されたと伝えられていますが、パフォーマンス向上のための効率性とバッテリー消費を中心に改良されているとされています。

iPad Air 2の外観デザインは現行の「iPad Air」を受け継いだものとなり、画面解像度も現行同様2048×1536ドットになるとしています。カメラについては、背面が現行の500万画素から800万画素に、前面は現行の120万画素から150万画素に向上。この件に対して9to5Macは「このカメラ機能の向上は微々たるものに見えるがFaceTimeやPhoto Boothなどの質で大幅な改善となるだろう」と伝えています。

iPadのカメラ機能は、デュアルLEDフラッシュやスローモーション動画撮影などまだiPhoneに劣る部分が多く、アップルは新しいiPad Air 2に現行のiPhoneと同等のカメラ機能を搭載する可能性もあります。

また、今回の情報では、iPadへの「Touch ID」搭載の有無については触れられていませんでしたが、iOS 8で同機能のAPIが公開されたことから、より多くのデバイスで浸透させるためにもiPadシリーズへのTouch ID搭載が期待できそうです。

今年は大型iPadが登場するとの噂が浮上していますが、伝えられている情報は少なく、iPadシリーズについては昨年同様新型iPad Airと新型「iPad mini」のみのリリースとなりそうです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます