iPhone6がついにNFCと無線充電をサポートか

ベンチャービートは6日(米国時間)、消息筋の情報として、米アップルが今年9月にも発売するとみられる新型スマートフォン「iPhone 6」にはNFC機能とワイヤレス充電機能の双方を搭載していると伝えている。

さらに、LTEのCat.6規格に対応した高速通信に対応することで下り最大300Mbpsの通信速度を実現。iPhone 5の時から長らく変わっていなかった基本機能が、iPhone 6では大幅にアップデートされる見込み。

iphone-6-mockup1

設計図を元に作成されたモックアップ画像

電子決済などが可能になるNFCについては、モバイル決済における環境が未成熟であるために搭載が見送られていたとしている。日本においてはFeliCaに代表される「おサイフケータイ」機能が広く普及しているが、世界的に見ると普及していないに等しいといっても過言ではない。NFC搭載が噂されたiPhone 5の発売から約2年越しに、ようやくNFCが搭載されることになりそうだ。

最後に画面サイズについても言及が行われており、これについては既報の通り約4.7インチで1704×960ドット表示に対応。ディスプレイ方式についての言及は行われていないが、過去の情報を踏まえると液晶ディスプレイになる見込み。さらに表面にはキズに強いコーティングが施され、大画面による物理的損傷のリスクを抑える狙いがあるとみられる。

[VentureBeat]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます