4.7インチ版iPhone6には光学手ブレ補正は非搭載か

アップルの未発表商品に関する予測精度で比較的に定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏によると、4.7インチのディスプレイを搭載するiPhone 6には「光学手ぶれ補正付きカメラ」は搭載されない見通しであるとのこと。一方で、5.5インチのディスプレイを搭載する大型版には搭載される可能性が高いとしている。

iphone6

左から5.5インチ/4.7インチ/iPhone 5s

理由としては2モデル間の差別化にあるとしており、iPad Airとminiの単純な関係とは異なることを示唆する。レポートの中ではVCM(ボイスコイルモーター)について具体的に言及されており、5.5インチ版のiPhone 6では光学手ぶれ補正に対応することで、よりハイスペックなモデルとして位置付けられる見通し。

一方で4.7インチ版iPhone 6ではカメラモジュールの省電力化に加えて画質の改善が加えられており、iPhone 5sと比較するとカメラ性能は向上するとみられる。

iPhoneの熱狂的にユーザーにとってはどちらを購入するのか非常に悩ましいところではあるが、4.7インチと5.5インチではサイズ的に “別カテゴリと言っても過言ではない” ほど異なるため、使用用途や商品詳細が判明してから決めたいところだ。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます