iWatchにはLG製有機EL採用の公算大きく

台湾の経済日報は15日(現地時間)、米アップルが開発中とみられる腕時計スマートデバイス「iWatch」について、韓国LGの有機ELディスプレイが採用される公算が高いとの見方を示しています。これらの見方については過去にも複数の情報筋から情報がもたらされており、有機ELディスプレイ説が強まっています。

iwatch-concept-nike

第三者のコンセプト画像

経済日報はその理由として消費電力の低さを挙げており、常に身につけるウェアラブルデバイスに求められる「長時間駆動」を実現するための選択であるとしています。

リリース時期については今年9月頃に開催するとみられるiPhone 6の発表会と同時に披露されると推測され、2つのデバイスが組み合わさることで「Health」「HomeKit」といったiOS 8の目玉機能をフル活用できるものと思われます。

[経済日報 via SlashGear]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます