iOS 7風に変化!次期OS X 10.10 Yosemiteの画像が登場

既に会場したWWDC 2014の基調講演ですが、会場からはOS X 10.10 Yosemite(ヨセミテ)が動作中のiMacを撮影した画像が報告されています。Dock部分に大きな変化があり、アイコンを見る限りではデフォルトアプリにもフラットライクなiOS 7風(iOS 8風が正しい?)のデザインテイストが取り入れられています。

最も大きな変化があるのは、Dockの周囲を半透明の背景が覆っていることでしょうか。従来のDockは奥行きを持ったものであり、アイコン自体が立体的に表現されることで擬似的な3Dのようなものを実現しました。

iOS 7からは「情報の分別」「レイヤーの概念」がデザインテイストとして取り入れられており、レイヤーの概念の象徴的なものとして『半透明効果』が挙げられます。画像を見る限りではまさにその半透明効果がDockに取り入れられており、デスクトップよりもひとつ上のレイヤーにDockが位置することが分かります。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます