Windows Phoneなどの話題を扱うWP Centralによると、Windows Phone 8.1に関するマイクロソフトの公式サイト上において、一時的に「スタート画面内のフォルダ機能」に関する説明が掲載されていたとのことです。

なお、現在は削除されており、この機能はWindows Phone 8.1に対するアップデート第一弾(GDR1)に含まれる新要素であるとみられています。

Folders

iOSやAndroidなどでもお馴染みのフォルダ機能は、複数のアプリを1つのフォルダにまとめて格納できるものです。特に増え続けるアプリに対応するために必須の要素となっており、ユーザーの皆さんの中でも「生活ツール」「ゲーム」「占い」といったフォルダを作成して整理している方も多いのではないでしょうか。

Windows Phoneはタイルという概念で比較的多くのアプリであってもアクセスしやすい環境が提供されていますが、ストアの成長に伴っていよいよ限界がきたといったところでしょうか。

[WPCentral]