Android版Chrome37ベータ版登場 新デザイン採用

米グーグルは24日(現地時間)、Android版Chromeブラウザの最新バージョンとなる「37」のベータ版を公開しました。最も大きな変更は、グーグルが全てのサービス・プロダクトで採用する統一デザイン「マテリアルデザイン」を採用している点です。

その他、サインインの簡略化や多数のバグ修正、パフォーマンス改善が図られているとしています。

material_design

マテリアルデザインといえば、絶賛開発中の次期Android OS「Android L(5.0)」に採用されることでも話題になった「フラット+レイヤー」の概念を取り入れたデザイン設計思想。前述したように、Android OSだけでなくGmailのWEB版やGoogle検索、Google Now、Google Mapsなどありとあらゆるグーグル製品にマテリアルデザインが採用されます。

[Chrome Blog]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます