米アップル、iOS 8 beta 4をリリース

米アップルは21日(現地時間)、iOS 8 beta 4を開発者向けにリリースした。有料デベロッパー登録している開発者であれば、自己の責任の下、対応端末にインストールすることが出来る。

主な変更点は以下の通り。

ヒント機能

OSの使い方や標準アプリの使い方をヒント形式で表示する機能を新たに追加。そのヒントはSNSなどにシェアすることが出来る。多機能化が進むに連れて煩雑になるOS・アプリを少しでも理解し易いように配慮した機能であるようにも思われる。

tipsappios8

コントロールセンターの再デザイン

コントロールセンターのデザインが一新された。アイコンの周りに存在した黒縁は無くなり、背景色の透過度・明度を下げることによってボタンを表現しているのが特徴。ちなみに、ON状態になった場合は従来のように白枠で括られるとのこと。

controlcenter

設定項目

「壁紙/明るさ」の項目にテキストサイズやフォントウェイト(太さ)を変更出来る項目、「プライバシー」の項目にはHomeKit向けのホームデータに関する許可・不許可の項目が新たに加わった。

音声入力によるライブタイピング

メッセージアプリなどにおいて、音声入力時にわずかな遅延で入力文字列を順次反映。MacRumorsによるデモ動画が以下のもの。

その他

ハンドオフ機能に関する設定項目機能の追加や、Safariにおけるブックマークアイコンの変更(上が新しい)、メールアプリにおけるスワイプジェスチャーの機能割り当て、Helthの新しいカテゴライズ、SpotlightからBing検索やボイスメモを対象から外す設定などが加わっている。

calorieshealth mailswipeoptions
bookmark

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます