iPhone6の基幹パーツの一つが流出

今年9月には発表されるとみられるiPhone 6であるが、基幹パーツの一つと言っても過言ではないメインのフレキシブルケーブルを撮影した画像がリークされた。この画像を掲載しているのは、アップルの噂を扱う台湾系のWEBサイト。

Lightningconnectorassembly

リークされた画像が上のものであるが、フレキシブルケーブルを固定する位置がバックシェル(背面パーツ)と一致することから2つの部品同士に関連性があるとみられる。なお、Lightning端子が中央にあるもので、さらに左にあるものが3.5mmのステレオジャックとのこと。

iphone6rearshelldiagram

一部噂ではアップルロゴが光るといったことも囁かれていたが、現時点では「電波関連の問題を解決するもの」とする見方が強い。一方で相変わらず、アンテナ用の樹脂製切り欠きがバックシェルに用意されており、ロゴの部分を使ってどのような通信を行うのかについては定かにはなっていない。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます