米アップルは21日(現地時間)、iTunesの最新版となる「iTunes 12」のベータ版をリリースした。OS X 10.10 Yosemiteに倣われたデザインが採用されており、左上に「音楽」「映画」「テレビ番組」「アプリ」などを切り替えるボタンが加わったことが大きな変化の一つ。

itunes_ai

「アプリ」の画面では中央に「My iPhone Apps」「My iPad Apps」「List」「Update」「iTunes Store」といった具合に、画面に対するサブメニューが表示される仕組みとなっている。いずれもiTunesストアにはアクセスし易い設計になっており、ストアへ遷移する前に表示していた画面に応じて音楽であれば音楽ストア、アプリでればアプリストアが表示される仕組み。

ベータ版は、デベロッパー登録をしているユーザーで、OS X 10.10 Yosemiteを導入しているユーザーであればMac App Store経由でダウンロードすることが出来る。

[Apple Insider]