この発想はなかった…ソフトバンク、TVチューナー付モバイルルーターを発表

モバイルWi-Fiルーターのあり方に一石を投じる、チャレンジ精神あふれる製品が登場しました。

ソフトバンクは11日、フルセグ/ワンセグチューナーを内蔵したモバイルWi-Fiルーターである「Pocket WiFi Softbank 304HW」を今月18日に発売すると発表しました。

index_pic_wifi

ダークシルバー/レッド Credit : Softbank

この製品は、通常のモバイルWi-Fiルーターとして使用できるほか、専用のアプリをダウンロードすることによりテレビ視聴をすることができるという、これまでになかった真新しい機能を搭載しています。このルーターがあれば、スマートフォン側にチューナーがついていなくてもテレビを気軽に視聴することが可能になります。

端末単体での視聴はできませんが、iPhoneでも利用可能であるため、テレビをよく見るiPhoneユーザーには朗報といえそうです。専用アプリはiOS向けとAndroid向けの二種類を用意しているとのこと。

ルーターとしての機能は以下の通り。

サイズ 約 幅101×高さ59.5×厚さ15.9mm
重さ 約 130g
バッテリー容量 2400mAh

 

連続利用時間

Wi-Fi利用時:9時間

フルセグ利用時:9時間

ワンセグ利用時:11時間

通信方式(国内) 4G方式(FDD-LTE/AXGP)、3G方式
通信方式(海外) 3G方式
通信速度(4G:FDD-LTE/AXGP) 下り最大110Mbps/上り最大10Mbps
通信速度(3G) 下り最大42Mbps/上り最大21Mbps
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
外部メモリ ×(非対応)

 

注目はフルセグの連続利用時間が9時間とそこそこ動作時間が長い点です。モバイルWi-Fiルーターはつけっぱなしにすることが多く、電池の減りがかなり早く感じるため、通常利用でも9時間バッテリーが持つ点も嬉しいところ。

電波を送受信するだけの端末に付加価値を加えることで、魅力的な製品を提案してきたと筆者は感じています。ソフトバンクは既に「ポケットフルセグ」というモバイル地デジチューナを販売していますが、テレビを見るためだけに端末を増やすのはちょっと…というユーザーの要求にも応え得る、新しいモバイルWi-Fiルーターの形であるといえるかもしれません。

[ソフトバンク]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます