NVIDIAは22日(米国時間)、ゲーミング向けに特化した新型タブレット「SHIELD TABLET」を正式発表しました。プロセッサにはNVIDIAが誇るTegra K1が採用されており、8インチの液晶ディスプレイは1920×1200ドット表示に対応。1080pのNetflixなどをはじめとした動画視聴にも対応している統合マルチメディア端末です。

tablet-controller-pair-1280

価格は16GBのWi-Fiモデルが299ドル(約3万円)、Wi-FiとLTEに対応する32GBモデルが399ドル(約4万円)となります。

SHIELD TABLETは、NVIDIAがゲームコンソールとして発売中のSHIELDシリーズにカテゴライズする新型タブレットで、ピュアAndroid OSを搭載していることも特徴の一つ。したがってGoogle Playストアを利用可能であり、一般的なアプリからゲームアプリまで多彩なコンテンツを利用可能です。

前述したようにプロセッサにはTegra K1を採用。グラフィックコアは脅威の192コアで、Kepler世代のアーキテクチャを採用しています。

tablet-stand-cover-positions-1280

3Dゲームの利用に重きを置いていることは間違いなく、専用のワイヤレスコントローラーも用意されます。こちらはBluetooth接続型ではなく、よりレイテンシの低いWi-Fi規格を使用した接続を利用しているとのことですが、現時点では詳細は不明です。なお、コントローラーにはマイクが内蔵されており、音声入力する際にそのマイクを利用することも想定しています。

さて、NVIDIAのタブレットといえば高性能スタイラスの「Direct Stylus」ですが、本機種ではDirect Styles 2を採用しているので、スタイラスペンを使った利用用途を考えているユーザーにとっても気になる端末となりそうです。

搭載OS 純Android 4.4.x
ディスプレイ 約8インチ
解像度 1920×1200ドット
CPU NVIDIA Tegra K1 192core Kepler GPU
2.2GHz駆動 Cortex-A15世代 CPU
RAM 2GB
内蔵ストレージ 32GB(LTEモデルのみ) / 16GB
外部ストレージ micro SD対応
背面カメラ 500万画素 AF HDR対応
前面カメラ 500万画素 HDR対応
対応ネットワーク Wi-FiモデルまたはLTE

LTE
 北米仕様:BAND 2/4/5/7/17
 グローバル:1/3/7/20
HSPA+
 北米仕様:1/2/4/5
 グローバル:1/2/5/8

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n 2×2 MIMO
Bluetooth Bluetooth 4.0 LE
位置情報 GPS / GLONASS
外部端子 Mini HDMI
Micro USB 2.0
3.5mm ステレオジャック
Micro SIM
音響 フロントステレオスピーカー
スタイラス DirectStylus 2 with 3D Print
スタイラスペン付属
バッテリー容量 19.75 Wh / 電圧不明
バッテリー取り外し可否 不可能
防水・防塵 なし
サイズ 221(H)×126(W)×9.2(T)mm
重さ 390g

[NVIDIA公式サイト – 英語]