ワイヤレスゲートが格安SIMを発表 —ワンコインで契約できる時代へ

SIMフリーの流れが徐々に来ている中、モバイルデータ通信にも新たな波が到来している。

モバイルブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲートは1日、月額480円から契約が可能な「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」を発表した。ヨドバシカメラでの購入が可能で、NTTドコモのネットワークを使ったいわゆる「MVNO」と呼ばれるサービスとなる。予約は既に開始されており、販売開始は9月1日から。

sim-pic

提供されるプランは「480円プラン」「920円プラン」「2480円プラン」「5490円プラン」の四種(すべて税込)。中でも注目は480円プランで、速度制限が常時かかっており最大250kbps(約30KB/s)という速度ではあるが、月額500円を切る値段でドコモの提供する広域なLTEネットワークを利用することができるようになっている。

この値段でデータ通信が行えるSIMは、これまでfreebit傘下であるDTIの「ServersMan SIM LTE」しか存在しておらず、契約は同社サイト上のみであった。今回発表されたワイヤレスゲートのSIMはヨドバシカメラの実店舗での契約が可能であり、購入する際の敷居が低くなったと言えるだろう。

また、このSIMには無料でWi-Fiスポットの利用ができるという利点がある。ワイヤレスゲートが提供する全国約4万カ所のWi-Fiスポットが利用可能なほか、FonなどのWi-Fiサービスとの提携を検討するなど、利用範囲の拡大を行っていくとしている。同社は会見で「スピードの速いWi-Fiをメインとして、届かないエリアをLTEでカバーする」と説明している。

さらに注目したいのが2480円プランだ。NTTドコモの新プランであるパケットパックでは「データSパック」が2GB/月で3500円であるのに対し、このプランでは5GB/月で2480円という価格設定となっている。今後の発表で日数単位の制限がかかる可能性はあるが、少しでも携帯代を安くしたいというユーザーには一考の余地があるかもしれない。

契約事務手数料は3000円(税別)、支払方法はクレジットカードのみ。SIMカードはnanoSIM,microSIM,標準SIMの3種類をが用意されている。さらにSMSもオプションで利用可能で、契約期間の縛りもなしという今回の格安SIM。二台目のスマホのサブ回線にぴったりのプランからメイン回線としての実用性が高いプランまで、幅広いユーザーに訴えかける内容となっている。

料金プラン(税込) 利用制限・備考
480円プラン 制限なし(最大250kbps)
920円プラン 1GB/月(下り最大150Mbps)
2480円プラン 5GB/月(下り最大150Mbps)
5490円プラン 10GB/月(下り最大150Mbps)
高速通信チャージ 540円 200MB単位,480円プランにも適用可能

[ワイヤレスゲート]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます