ソニー、レンズスタイルカメラ2機種を国内発表

ソニーは10日、同社が展開している ”レンズスタイルカメラ” の新モデル2機種を国内発表しました。

今回発表されたのは、レンズスタイルカメラとして初となるレンズ交換式モデル「ILCE-QX1」と光学30倍ズームに対応した「DSC-QX30」です。両者ともすでに発表されている「QX10」「QX100」と同様にNFCを利用したスマートフォンとの連携がウリのカメラであり、本機種では更なる進化と拡張性を実現しました。

これらのカメラは共に10月10日に発売開始が予定されています。

超小型レンズスタイルミラーレスカメラ、QX1

QX1の最大の特徴はレンズ交換に対応している点です。一般的なコンパクトデジタルカメラではカメラ本体にレンズが組み込まれており、ユーザー自身でレンズを交換することは不可能ですが、いわゆる「一眼レフカメラ」ではユーザーがレンズを取り替えることによって、より望遠での撮影を可能にしたり、高性能なレンズを使用することで高画質な写真の撮影を実現してきていました。

ソニーでも「レンズ交換」に対応したカメラシステムを開発・販売していましたが、今回発表されたQX1はその技術をレンズスタイルカメラに応用させたものとなります。レンズマウントにはEマウントを採用し、多種のEマウントレンズをQX1本体に取り付けられるようになったことによって、スマートフォンと連携して、あるいはカメラ単体での写真撮影の可能性がより一層広がりました。

ILCE-QX1_SELP1650

画像はQX1本体と交換レンズSELP1650

見た目こそ従来のレンズスタイルカメラと似ていますが、中身はソニーの本格的な一眼カメラとなっており、APS-C大型センサーを搭載するほかストロボも内蔵されています。ソニーの一眼カメラはもともとコンパクトなモデルが多くラインナップされていましたが、QX1に関してはレンズスタイルカメラをレンズ交換式にしたことよりも、Eマウント機をここまで小さくできたということに驚きを隠せません。

QX1の市場推定価格は、ボディ本体で3万6000円前後、「SEL1650」を同梱したレンズキットで5万1000円前後とアナウンスされています。レンズ交換式であることもあり、すでに対応レンズを所有しているユーザーにとっては比較的安価で入手することができそうです。

光学30倍ズームに対応したQX30

QX30はQX1とは異なり、レンズがすでに組み込まれている従来型のQXシリーズとなります。しかし、これまでの機種から大きく進化している点として、光学30倍の望遠撮影に対応している点があげられます。

QX30はレンズに「ソニーGレンズ」を採用し、光学で30倍、全画素超解像ズーム(ソニー独自の劣化が少ないデジタルズーム)を用いることで最大60倍のズームを可能にしています。さらにカメラ本体光学手ブレ補正機能を使用することで、一般的に手ブレが発生しやすい望遠撮影のサポートを行います。

DSC-QX30

すでに発表されているQX10が光学10倍ズームまでしか対応していなかったことを踏まえると、QX30の高い倍率性能が伺えます。特に光学ズームはほとんどのスマートフォンで行うことができないということもあり、野外などで手軽に高倍率撮影を行いたいというユーザーに支持されそうです。

y_DSC-QX30_30_60_zoom_img

QX30によるズームのイメージ

なお、QX30の市場想定価格は4万4000円前後とアナウンスされており、レンズを含めないQX1よりも高価となっています。

レンズスタイルカメラのこれから

昨年のIFA2013にて「QX10」「QX100」が発表され、その奇抜な発想とシルエットに世界が驚きました。スマートフォンとの連携を主体に置いたそのスタイルはこれまでに少なかったものであり「スマートフォンに無いカメラとしての高性能」と「カメラにないスマートフォンのSNSとの親和性」を上手く組み合わせたものでした。

しかし、お世辞でもこの1年でQXシリーズが普及したとはいえません。それは、XPERIAを始めとしてスマートフォン単体のカメラ性能の向上が著しく、またカメラ専用機としてQXシリーズの強みを上手く伝えきれていなかったからではないでしょうか。ソニーがターゲットの一つに掲げていたSNSユーザーにとって、最も重要視されたことはおそらく撮影の「手軽さ」であり、専用アプリを起動してWi-Fiによる接続を行って・・・、と今までのQXシリーズは決して「手軽」と呼べるものではなかったことも事実です。

では、これからQXシリーズがレンズスタイルカメラとして生き残っていくためのポイントは何であるのでしょうか。それは、カメラ・スマートフォンの括りにとらわれない写真撮影体験の構築だと私は考えます。例えば ”セルフィー” という言葉が生まれ、各社とも自撮りに力を入れたスマートフォンやコンパクトデジタルカメラの開発を行っていますが、モニターとカメラが分離しているレンズスタイルカメラもセルフィーに向いているシステムの一つです。

y_ILCE-QX1_body_img

専用アプリのアップデートを重ねることでより安定性をあげ、自由なスタイルで ”楽しい” 撮影を可能にすることに加え、SNS連動に限らないスマートフォンとの連携、例えばライフログ等に力を入れることで、「レンズスタイルカメラならでは」の魅力を発展させていくべきだと考えます。スマートフォンにないカメラとしての魅力を上手くアピールし、その必要性をソニー自身が創造していく必要がありそうです。

[ソニー]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます