風のバリアで雨から身を守る「Air Umbrella」、Kickstater上でのキャンペーン終了迫る

弾かれた水が他人に叩きつけられるのでは。その点が、やはり気がかりです。

おそらく世界に生みだされて以来、使用される材質はともかく、形状はほとんど変化してこなかったであろう不変なる存在、「傘」。今回、今までに一度は誰もが想像したであろう、「雨を弾き飛ばす力場を発生させる傘」の出資キャンペーンが、Kickstarter上で佳境を迎えています。

Air Umbrellaのデモ画像

その近未来的な傘の名は、「Air Umbrella」。正直、名前の時点でネタばれ臭が甚だしいことこの上ありませんが、この傘は「風を噴射」することで「雨を弾き飛ばす」というシステムを、大真面目に搭載した傘なのです。

上の画像は、Air Umbrellaが実際に雨を吹き飛ばしている様子を捉えた画像です。開発元の企業曰く、この製品を使用することで、「2人」までは雨をしのぐことができ、もし仮に雨が弱ければ更に多くの人をカバーすることも可能、とのこと。

Air Umbrellaの本体画像1

また、この製品には3種類のバリエ―ションモデルが用意されています。

  • 女性用:全長 30cm / 重さ 500g / 駆動時間 15分
  • 男性用:全長 50cm / 重さ 800g / 駆動時間 30分
  • 男女兼用:全長 50~80cm(伸長可)/ 重さ850g / 駆動時間 30分

 さて、百聞は一見にしかず。Kickstarter上に公開されたこの製品のデモ映像をご覧ください。

あくまで、「直上から降り注ぐそこそこの強さの雨」という ”好条件下” における実験デモではありますが、なかなか良好な性能を示しているように思えます。ちなみに、このAir Umbrellaはまだまだ研究開発段階とのことで、今後はバッテリーライフの向上を中心に性能のブラッシュアップを図っていく計画であることが、開発チームによって強調されました。

Air Umbrellaの本体画像2

「Air Umbrella」の先端部分

既に「10,000ドル」(約106万円)という当初の目標は達成しており、この記事の執筆時点では、その目標の4倍以上に達する「40,477ドル」(約429万円)の出資金を獲得するに至っています。また既にいくつかの出資プランは定員に達しており、現時点でこの傘を入手するためには最低「128ドル」(約1万4千円)の出資を行う必要があります。

ともあれ、果たしてこの傘が強烈な雨風に対してどこまでの抵抗力を発揮できるのか。そして弾き飛ばした水が、近くの人に余すことなく叩きつけられやしないか等々、気がかりな点の枚挙に暇がありません。

しかしながら、それらのリスクを全て承知の上でなお私は、「欲しい」と断言します。

[Pocket-lint / Kickstarter]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます