より詳細なベンチマーク結果の登場が、待ち望まれます。

26日(現地時間)、海外メディアWCCFTechが伝えるところによると、米アップルよりつい先日発表されたばかりの「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に搭載される、米AMD製モバイルGPU「R9 M295X」のベンチマークスコアが新たにリークされたとしています。

AMDロゴ

「R9 M295X」には「Tonga」/「Amethyst」アーキテクチャが採用されている

厳密に言えば、今回リークされたのは「CineBench R15」におけるiMac Retina 5Kのスコアになります。とはいえ、あくまで、CineBenchで計れるのは「OpenGL性能」のみであることを鑑みれば、そもそもCinebenchがグラフィック性能を図るためのベンチマークとして適当であるかについては疑問が残ります。

また、Cinebenchは近年のアップデートにおいて、従来までとは異なる採点方式を採用したことによって、今回新たに入手したスコアと比較対象になり得るベンチマーク結果の手持ちが少ないことを、WCCFTechは弁明しています。その上で、「2つ」だけ比較対象として適当なベンチマーク結果を発掘したとのことですので、以下をご参照下さい。

Cinebench R15のスコア

上は、3つのGPUのCinebench R15における「OpenGL性能」を比較したグラフですが、これによると「R9 M295X」が、米NVIDIA製ハイエンドGPU「GTX 770」と「GTX 780M」を上回るスコアを記録していることが確認できます。

しかしながら、あくまでこれはOpenGL性能のスコアであって、実際のゲームにおけるパフォーマンスに関しては、また違った結果になる可能性は十分に考えられるので、その点ご注意下さい。

R9 M295XのCinebenchスコア

今回リークされたレビュー映像の中から抜粋した「Cinebench R15」のスコア画像(※拡大クリック推奨)

また、今回のR9 M295Xのベンチマークスコアは、有志によってYoutube上に投稿されたiMac Retina 5Kのレビュー動画の中に発見されたものとのこと。以下、そのレビュー映像になります。

さておき、NVIDIAは既に最新の「Maxwell」ファミリーを採用した「GTX 900」シリーズをリリースしており、彼らに対して「R9 M295X」がどこまで食い下がる事が出来るのか。それを知るには、新たなベンチマーク結果の登場を待つ必要があります。

しかし今回の情報を通じて、AMDの最新アーキテクチャ「Tonga」ファミリーの性能の一端を垣間見ることができたことは、実に興味深い限りです。

[WCCFTech / Youtube]