Androidベースのメディアプレイヤー「Nexus Player」正式発表

インテリアとしてのデザイン性も、なかなか悪くはなさそうです。

「Nexus 6」、「Nexus 9」、そして「Android 5.0 Lollipop」。ついに姿を現した三巨頭の影にやや隠されてしまった感もありますが、本日米グーグルは「Androidベース」のメディアプレイヤー「Nexus Player」を正式に発表しました。

Google Playerの画像1

今回発表されたNexus Playerは、「Android 5.0 Lollipop」をベースにしたメディアプレイヤー兼ゲーミングコンソール。ユーザーはHDMIケーブルを介して、このデバイスと手持ちのTVやディスプレイとを接続することで、様々なコンテンツやゲームを大画面で堪能することが可能になります。

Nexus Playerの画像2

また、Nexus Playerは台湾ASUSTekとの協力の下に開発されたデバイスとのことで、極めてシンプルなデザインが実にNexusらしさを醸し出しています。グーグル曰く、外形寸法は「直径12cm」、高さ「2cm」とのこと。その他の基本的なスペックは以下の通りです。

Nexus Playerの画像3

CPU Intel 1.8GHz駆動 クアッドコアAtom(型番は不明)
GPU Imagination PowerVR 6シリーズ(型番は不明)
RAM 1GB
内蔵メモリ 8GB
コネクタ Micro USB 2.0、HDMI出力ポート
ワイヤレス Wi-Fi 802.11 ac (2×2)

そのほか、「Google Cast」と連携することで、手持ちのAndroidスマートフォンやiOSデバイス、果てはChromebook、Windows PCにMacまで。各種デバイスからこのNexus Player上にコンテンツをキャストすることが可能になります。

Nexus Playerの画像4

さて、肝心の操作方法ですが、ワイヤレス接続して使用する専用のコントローラを用いるか、あるいは「ボイスコマンド」機能による入力にも対応します。また、オプションアクセサリーとして、「ワイヤレスゲームパッド」も用意されています。

Nexus Playerの画像5

気になる登場時期と価格に関してですが、米国においては「10月17日」に事前予約が開始され、「11月3日」より発売開始になる見込み。価格については詳細が明かれませんでしたが、おそらく事前予約の解禁と共に明らかにされるものと思われます。

[Phone Arena / Google]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます