仏Archos、64-bit低価格スマートフォン「Archos 50 Diamond」を正式発表

追記(23:10):価格の単位が「ユーロ」のところ、「ドル」と表記してしまっておりました。本文を訂正させて頂くとともに、誤った情報をお伝えしてしまったことをお詫び致します。

フランス製の「64-bit 低価格スマートフォン」の登場です。

22日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、フランスのスマートフォンメーカーArchosが、新たに64-bit対応スマートフォン「Archos 50 Diamond」を正式に発表した、とのことです。

Archos 50 Diamondの画像1

このArchos 50 Diamondの最大の特徴は、最新の64-bitアーキテクチャを採用したSoCを搭載しているにもかかわらず、わずか「199.99ドル」(約2万7千円)というかなりの低価格での提供を実現している点にあります。以下、主なスペック。

OS Android 4.4 KitKat
ディスプレイ 5.0インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm オクタコア Snapdragon 615
RAM 2GB
内蔵メモリ 16GB
メインカメラ 1,600万画素(LEDフラッシュ搭載)
フロントカメラ 800万画素
バッテリー 2,700mAh
ネットワーク LTE通信対応
外形寸法 146(W)×70.4(D)×8(H) mm
本体重量 142g
その他

デュアルSIM対応

microSDカードスロット

3万円足らずで入手できる端末としては、かなり優秀なスペックと言えるのではないでしょうか。また、SoCが64-bitOSに対応していることを鑑みるに、発売後どこかのタイミングで「Android 5.0 Lollipop」へのアップデートが提供されるものと思われます。

Archos 50 Diamondの画像2

そのほか、Phone Arenaが伝えるところによると、このArchos 50 Diamondは「2015年上旬」からの発売開始となるとのことで、実際の登場にはもうしばらくの時を必要とするようです。

ともあれ、中国製スマートフォンも真っ青な高コストパフォーマンスな端末が、まさかフランスから登場することになるとは予想外でした。新たな伏兵は、どこまで活躍の場を広げることができるのか。Archosの今後に要注目です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます